AW計画を振り返って

 

 

 

 

 

 

 H24年8月頃 近所に貼ったビラです。 評判でしたが現在物価高で出来ないかも???

H24年4月頃 東日本大震災で私の募金がまた復興増税が そしてほぼ同時に尖閣諸島の寄付と私の意志と日本人の“絆”で協力してきました。

しかし被害者に行かず途中で消えたり復興に関係なく沖縄の道路や庁舎等関係ないところに使ったり被害者は自殺や仮設住宅住まい。また尖閣諸島においては関係悪化となりました。その時 自身の善意が利用され逆に関係悪化までした寄付を後悔したのです。だからもう寄付や募金はしないと誓ったのです。

しかし近々南海トラフと高齢の為 やはり助けてもらいたいという気持で直接被害者に届ける【STM】(震災互助会)を考案し活動したのです。ところが活動して 見ず知らずの人の訪問を受けたのです。家族の事が心配で今のさいたま市桜区に事務所兼として移ったのです。時たま帰るも息子の彼女が居たりでひとり住まいで気ままな生活も大学以来のひとり住まいに自由を感じ満足し活動に打ち込めたのです。しかし一休みの時コーヒーを飲むのだがいつもと違う味に感じたのです。それが話し相手がないためと気がついたのは食事もと同じと感じたの時です。ではどうすればもっと楽しむ事ができ旨いと感じれるかと思いついたのが話し相手を見つけようと考えたのがチラシを作って話し相手探しです。

当然安く、旨いので短期間で仲間ができたのです。最初は嬉しいのですがその内 毎日のように我が部屋に来客がいるようになったのです。すなわちプライベートも“閃き”も薄くなったのです。だからH24年9月頃(ブログで公表)東上線みずほ台に実験的にと契約寸前まで行った所断念したのです。理由はどうすれば赤字解消出来るかです。結果多数のアイディアがでたのです。しかし相手が儲かるものをこちらで資金と労力と時間を費やしても給油所アイディア同様無視されれば困るのは私の店の赤字です。だから赤字にならない知恵を模索したのが今回の【AW計画】です。様々な経験と実験とデーターを基に発表したのです。そして【HEIYA社会貢献】の主旨 社会に役立つ活動高齢社会に寄与する活動にまい進したいのです。

尚 次は「高齢者が元気になる」アイディアを公開します。同じように稼ぐ事は出来ませんが小遣いの足しになり、生きがいと経験を生かせます。ご期待を・・・・・


近日 高齢者が元気になる【BW計画】を公開

【BW計画】は自慢の出来る腕がなくても あなたの経験と知識と眼力と嗅覚で社会に役立てます。勿論体調の良いときに参加し小遣い程度になります。

 

ブログの新設

『民 意 党』

橋下市長の離党で国政へ参戦か?

2002年敬称『民意党』と名乗って13年になり、その間政権交代があり、また余りにも遠大な計画の為様々な社会貢献型の活動をしてまいりました。そして今日他の活動で不自由な体を鞭打ってまた再開する事になりました。急遽の為、お許し下さい。


新社会貢献型とは

 アイディアを無償提供し社会に役立てたい。

② 運営はボラティアではありません。最低交通費+小遣い程度から最大事務所経費込みの年収500万円までのガラス張りの運営

新社会貢献型は「生きる糧」以外 利益や儲けを放棄する活動です。